特急くろしおの停車駅・料金まとめ

電車で白浜へ行くなら必ずお世話になる、特急くろしおの停車駅や料金についてまとめました。

特急くろしおは、新大阪・京都と紀伊半島南部の白浜や新宮を結んで走っている電車です。関西からはもちろん、関東や名古屋などどこから白浜に行くにしても乗ることになるでしょう。新大阪~白浜間はだいたい1時間に1本走っています。

特急くろしおの停車駅

特急くろしおは1日に15往復以上走っていますけど、走る区間や停車駅はかなりバリエーション豊かです。

大阪側の発着駅は、ほとんどのくろしおが新大阪ですけど、京都発着も1日に1往復だけあります。和歌山側は、白浜行きと新宮行がだいたい半々ですけど、和歌山駅発着なんていうくろしおも。

新大阪~白浜を走る全部の特急くろしおが止まる停車駅は、天王寺・和歌山・海南・御坊・紀伊田辺。大阪駅は通らないので注意してください。

日根野にはほとんどの電車が止まるほか、箕島・藤並・湯浅・南部が停車駅に加わる特急くろしおが全体の半分くらいです。

大阪府内の西九条・和泉府中・和泉砂川は、朝夕の一部の列車の停車駅。あと、白浜~新宮は停車駅のバリエーションがなくて、ここを走る全部のくろしおが同じ駅に止まります。
※停車駅・本数は2019年10月現在

特急くろしおの運賃+料金

  京都 新大阪 天王寺 和歌山
和歌山 3,290
3,820
6,090
2,260
2,790
3,560
1,860
2,390
3,160
-
白浜 6,050
6,580
10,240
5,170
5,700
7,970
4,840
5,370
7,640
3,400
3,930
6,200
新宮 7,700
8,230
11,890
6,820
7,350
11,010
6,820
7,350
11,010
5,720
6,250
9,910
自由席利用時
指定席利用時(通常期)
グリーン車利用時

単位:円 2019年10月現在

特急くろしおの運賃+料金を、自由席に乗った場合・指定席に乗った場合・グリーン車に乗った場合それぞれ表にまとめました。京都から白浜までくろしおの指定席に乗ると、運賃料金あわせて6,580円。新大阪からなら5,700円、天王寺からなら5,370円です。

上の表で、指定席利用時のところに「(通常期)」とありますけど、普通車の指定席に乗る場合だけ、日によって料金が変わるんです。学校の休み期間とかゴールデンウィークは「繁忙期」で、指定席特急料金が200円上がって、2月・6月・9月などシーズンオフの月~木曜日(祝日除く)は「閑散期」で200円下がります。
※金額はすべて2017年3月現在

特急くろしおにおトクに乗るには?

特急くろしおの料金は「B特急料金」っていって、JRの特急料金の中では安いほうなんですけど、それでも白浜とか新宮まで行くとなると高くなりますよね。

おトクな旅をするためには、格安切符を探すっていう手もありますけど、それより先に検討をおすすめしたいのは、旅行会社のJR宿泊パックです。特急くろしおなど往復のJRの切符と宿泊がセットになったツアーの一種で、「フリープラン」とかいろいろな名前で呼ばれます。

いちおう「ツアー」の一種ですけど、乗る特急と宿が決まっているだけなので、ふつうに切符を買って旅行するのと変わらないイメージで使えます。乗り物も観光も全部セットで、添乗員が付いて団体行動する「パックツアー」とは別物です。

おトクなだけに制限とか注意点もありますけど、もし使えるなら、どんな格安切符よりお得になるケースが多いです。切符と宿の手配をいっぺんに済ませられるので、手っ取り早いのもうれしいですね。

それでは、実際に旅行会社のホームページで、特急くろしおに乗るJR宿泊パックの値段・宿・宿泊プランなどを見てみましょう。
   ↓   ↓   ↓

JR宿泊パックについてもっと詳しく!

Copyright(c) 2015 白浜へ電車で行くには All Rights Reserved.