大阪から白浜へ電車で行くには?

大阪から白浜へ電車で行く方法と、おトクな手段をご紹介します。

大阪から白浜へ行くには、新大阪や天王寺から特急「くろしお」に乗るのがオーソドックス。かかる時間は乗る電車によって微妙に違いますけど、新大阪から白浜まで2時間20~30分、天王寺からなら2時間ちょっとといったところです。

大阪のどこで特急に乗る?

大阪エリアで特急「くろしお」がとまる駅は、ほとんどの場合新大阪と天王寺の2駅です。大阪駅は通らないので注意してください。尼崎や神戸方面から行くとか、梅田まで私鉄で行きたいときは、ちょっと不便ですね。

JRで尼崎方面から行くなら、新大阪まで行って乗りかえたほうが、1駅戻る感じになるものの、乗りかえは1回で済むので便利でしょう。私鉄から梅田で乗りかえるなら、大阪駅から環状線に乗って、天王寺で乗りかえるのがいいでしょうね。

天王寺より和歌山寄りから行くなら、だいたい2本に1本くらいの特急電車が日根野にとまるので、阪和線の快速などで日根野まで行って乗りかえるのが便利です。

一路白浜へ

特急電車に乗り込んだら、あとは一路白浜へ。天王寺からは2時間~2時間15分くらい、日根野からは1時間50分くらいで白浜に着きます。

和歌山駅を過ぎると、風光明媚な南紀の海を眺められるところもちらほらあります。車窓の景色も旅の楽しみの1つですよね。白浜止まりの電車(全体の半分くらい)なら、寝ていても乗り過ごすことなく安心です。

白浜に着いたら

JR白浜駅で電車を降りたら、最初にどこに行くにしてもバスやタクシーで移動することになります。見どころにしても宿にしても、駅の近くには何もありません。

白浜の有名どころの宿は、たいてい共同で送迎バスをやっています。無料で駅から宿まで行けるので、駅から直行するときは、タイミングが合えばおトクです。

ただ、あくまで旅館組合やグループ共同のバスなので、泊まるところによってはけっこう時間がかかります。先着順で予約もできないし、満員になっても増便はナシ。あてにしすぎず、時間に余裕を持って利用しましょう。

大阪から白浜までおトクに行くには?

まず最初に検討するのをおすすめしたいのは、旅行会社のJR宿泊パック。往復のJRの切符と宿泊がセットになったツアーの一種で、「フリープラン」とかいろいろな名前で呼ばれます。

いちおう「ツアー」の一種ですけど、乗る電車と宿が決まっているだけなので、ふつうに切符を買って旅行するのと変わらないイメージで使えます。乗り物も観光も全部セットで、添乗員が付いて団体行動する「パックツアー」とは別物です。

おトクなだけに制限とか注意点もありますけど、もし使えるなら、どんな格安切符よりお得になるケースが多いです。切符と宿の手配をいっぺんに済ませられるので、手っ取り早いのもうれしいですね。

それでは、実際に旅行会社のホームページで、大阪発白浜行きのJR宿泊パックの値段・宿・宿泊プランなどを見てみましょう。
   ↓   ↓   ↓

JR宿泊パックについてもっと詳しく!

JR宿泊パックで泊まれる白浜の宿一覧(日本旅行)


※「出発地」を「首都圏」から「関西」に切りかえてください。


※「出発地」を「首都圏」から「中部」に切りかえてください。

大阪から白浜へ行くのに使えるおトクな切符は?

大阪から白浜へ行く場合に使えるおトクな切符を探すと、ほぼ「くろしお指定席往復きっぷ」1つに限られそうです。往復の乗車券と指定席特急券がセットになった割引きっぷ。JR宿泊パックより「おトク度」が低いケースも多いですけど、JR宿泊パックが使えない場合は利用価値あります。

新大阪駅・天王寺駅など、主な駅のみどりの窓口や旅行会社で買えます。買うときに、帰りの電車まで席を取るので、決めておきましょう。

買えるのは、旅行に行く21日前から前日まで。当日には買えないので注意してください。「前日までにどうしても駅や旅行会社に行けない!」っていう人は、クレジットカードで払えるなら、電話予約サービスでも買えます。

↑ページの先頭へ

Copyright(c) 2015 白浜へ電車で行くには All Rights Reserved.