東京から白浜へ新幹線で行くには?

東京から白浜へ新幹線で行く方法と、おトクな手段をご紹介します。

東京から白浜へ電車で行くには、まず新幹線で新大阪へ向かって、特急「くろしお」に乗りかえます。新大阪での接続がいいのぞみに乗った場合、白浜までだいたい5時間ちょっとくらいです。

東京から新大阪まで

まずは東京駅から新幹線に乗って新大阪を目指します。東京駅での新幹線の乗り場は14~19番線です。品川駅なら23・24番線、新横浜駅なら3・4番線から発車。

のぞみだと、東京駅からだいたい2時間半くらいで着きます。10~20分に1本走っていますけど、乗りかえる特急電車が1時間に1本くらいなので、乗る新幹線も限られちゃいますね。

新大阪から白浜まで

新大阪駅に着いたら、在来線への乗りかえ改札を通って、白浜へ向かう特急「くろしお」が発車する11番のりばへ。改札からいちばん近い階段・エスカレーターで降ります。通しの切符を持っていない場合は、いったん外へ出る改札を通って切符を買ってください。

特急「くろしお」は、朝9時台に2本ある以外は1時間に1本ずつ走っています。乗りかえたら、あとは白浜まで一直線。白浜止まりの電車も多いので、選べば、寝過ごす心配もありません。

和歌山県内に入ると、ところどころで海が見えます。せっかくなので、南紀の海の眺めを楽しんでください。電車によってとまる駅の数が違うので、かかる時間も違ってきますけど、だいたい2時間15分~30分くらいで白浜に着きます。

白浜に着いたら

白浜駅に着いたら、宿や観光地など、目的地に移動します。白浜駅のまわりには何もないので、どこに行くにしてもバスなどに乗って向かってください。

まず宿に向かうなら、覚えておきたいのが無料送迎バス。旅館組合やホテルグループが共同で運行していて、白浜の主要な宿はだいたい入っています。無料でおトクだし、ラクですけど、なにぶん「共同」なので、加盟している宿を全部回って時間がかかるのに注意。しかも、先着順・人数限定・満員でも増便なしです。

東京から白浜までおトクに行くには?

まず最初に検討するのをおすすめしたいのは、旅行会社のJR宿泊パック。新幹線など往復のJRの切符と宿泊がセットになったツアーの一種で、「フリープラン」とかいろいろな名前で呼ばれます。

いちおう「ツアー」の一種ですけど、乗る新幹線・特急と宿が決まっているだけなので、ふつうに切符を買って旅行するのと変わらないイメージで使えます。乗り物も観光も全部セットで、添乗員が付いて団体行動する「パックツアー」とは別物です。

おトクなだけに制限とか注意点もありますけど、もし使えるなら、どんな格安切符よりお得になるケースが多いです。切符と宿の手配をいっぺんに済ませられるので、手っ取り早いのもうれしいですね。

ちなみに、新幹線で大阪や京都に行く場合には、あえてひかり・こだまを選ぶと割安で新幹線に乗れることが多いんですけど、白浜行きのJR宿泊パックだと、このテが使えないようですね。

それでは、実際に旅行会社のホームページで、東京発白浜行きのJR宿泊パックの値段・宿・宿泊プランなどを見てみましょう。
   ↓   ↓   ↓

JR宿泊パックについてもっと詳しく!

JR宿泊パックで泊まれる白浜の宿一覧(日本旅行)



※「出発地」を「首都圏」から「中部」に切りかえてください。

東京から白浜へ行くのに使えるおトクな切符は?

東京から白浜へ新幹線で行くとき使えるおトクな切符は、なかなかありません。大阪~白浜間は「くろしお指定席往復きっぷ」が定番なんですけど、問題は東京からの新幹線。せいぜい「ぷらっとこだま」くらいですね。

「ぷらっとこだま」は、こだまの指定席に格安で乗れます。こだまだと、のぞみなら2時間半のところ4時間かかりますけど、JR宿泊パック以外で新幹線に一番安く乗れる手段でしょう。ただ、切符じゃなくてツアーの一種なんです。なので、キャンセル料が高いとか、繁忙期の割増の幅が大きいとか、当日買えないなど制限もあります。

「くろしお指定席往復きっぷ」は、駅で売っているふつうのおトク切符です。でも、これも前日までしか買えないうえに、関西でしか売っていません。クレジットカード払いできるなら電話予約サービスで買えるので、方法はこれだけですね。

つまり、

  • 東京からの新幹線は、こだまでのんびり行ってもいい
  • クレジットカードで支払いできる

という条件がそろわないと使えない手段です。JR宿泊パックが使えるなら、そっちのほうがよさそうですね……。

↑ページの先頭へ

Copyright(c) 2015 白浜へ電車で行くには All Rights Reserved.